発毛辺 麻友

AGA48 発毛辺 麻友が先生

薄毛の原因は
たくさん!

コンプレックス克服の第一歩へ立ち上がろう

このページでは「男の薄毛克服レッスン」の第一章として、
「薄毛の原因」をくわしく調べていきますよ。問題解決のためには、まず原因を知れ!一緒に頑張りましょうp(○´∀`)q

薄毛になる原因はこの4つ!

AGA(いわゆる若ハゲの総称)には、いくつかの原因が考えられます。しかも、複数の原因が複雑に絡み合った結果、薄毛が促進されてしまうケースが多いんですって…、心配ですよね~。

その代表例を見ていきますので、あなたにあてはまるものはないか、確認してみてくださいね。

  • 原因
    その1
    男性ホルモン

    実は男性ホルモンは薄毛の直接の原因ではありません。
    とはいうものの、まったく無関係というわけでもないのです。
    毛根付近から分泌される酵素の一種「5αリダクターゼ」が男性ホルモンと結びつき、薄毛の原因になるDHT(ジヒドロテストロン)に変化される事によって発症します。
    要するに、男性ホルモンが増えて薄毛になるのではなく、男性ホルモンがDHTに変換されるされることが薄毛の原因なのです。
    よって、
    ・筋トレをすると男性ホルモンが増えてハゲる!
    ・禁欲したほうが男性ホルモンの分泌が抑えられるからハゲにくいのでは?
    等という考え方は直接的には関係ありません。
    男性ホルモンにとらわれず、あなたらしい毎日を楽しく過ごすことが一番ですよ!

  • 原因
    その2
    遺伝

    お父さんやおじいちゃんの薄い頭を思い浮かべ「やっぱり自分もハゲるのでは?」と怯えていませんか?
    確かに「男性ホルモンの影響を受けやすい体質」は遺伝するみたい。どんなにストレスを抱えていても、食生活が乱れていても、遺伝的にハゲない人はハゲません。
    現在はクリニックで行われている遺伝子検査で自分がハゲやすいかどうかを調べることができます。
    結果、遺伝子検査でハゲやすい体質だとわかった…と肩を落とすそこのキミ、がっかりするのはまだ早い!
    そこでクリニックの薄毛治療が登場!実は「遺伝的な要素が考えられる場合は、治療方針も立てやすい」というメリットもあります。
    生活習慣の改善で遺伝的な薄毛を進行しにくくすることも、十分可能なんです!

  • 原因
    その3
    ストレス

    たくさんのストレスを慢性的に受けると常に血管が収縮されるため、血行不良に陥りやすくなります。そうなると、髪の毛に栄養が行き届かなくなります。
    たくさんのストレスに対処するためには、たくさんの栄養やエネルギーが必要です。しかし、生命維持に必要な脳や主要臓器のためのエネルギーを削るわけにはいかず、頭皮や髪の毛の成長に使うエネルギーを削ります。なぜなら、髪の毛が生えなくても人は死ぬことはありません。なので、脳が髪への栄養配分を大幅に減らすように命令を出してしまいます。
    こうなることで、髪の毛の成長を支える毛乳頭や毛母細胞が本来の役割を全うすることができなくなり、髪の毛が抜け、薄毛になってしまうのです。
    日頃のストレスを解消するには「体を動かす」「とにかく笑う」「大声でうたう」などが効果的と言われています。
    私は体を動かすことが大好き。汗をかくって気持ちいいですよね!ぜひ試してみてね。

  • 原因
    その4
    食事・生活習慣

    タバコ、睡眠不足や運動不足、アルコールなど、生活習慣も薄毛に影響を及ぼすと言われています。
    例えば、タバコを吸う人は吸わない人よりジヒドロテストステロン(DHT)の増加傾向が高いという研究結果があります。
    他にも、睡眠が乱れると成長ホルモンの分泌が阻害されていまい、体のほかの必要な部分に優先的に使われて毛髪は後回し…なんてことにもなりかねません。
    毎日の食生活も大きく影響します。脂っこい食事を摂り続けることで、脂漏性脱毛症(皮脂が分泌されすぎて毛穴が詰まる脱毛症)を引き起こす原因にもなりかねません。
    まずは自分自身の生活習慣を見直して、改善できるところから対策をしていくことが大切です。

ハゲにはスケベが多いって本当?

ハゲにはスケベが多いって本当?

結論を言ってしまうと、
「スケベ=ハゲが多い」は半分本当で半分ウソ。
ではこの噂、どういった根拠なのでしょうか?

男性ホルモンは睾丸で分泌されていて、男性機能を高める効果があります。
主に、性的興奮、運動、闘争などの危険行為、睡眠中や幸福感を感じたときに多く分泌されています。

1940年代にアメリカの皮膚科医J・B・ハミルトンがこんな研究結果を残しています。
・ハゲが進行してる人の睾丸を取り除いたところ、進行が止まった。
・ハゲ進行中で去勢した人に再度男性ホルモンを外部から投与したところ、ハゲが再進行した。
・ハゲてない人を去勢して男性ホルモンを外部から投与したところ、ハゲなかった。
これにより、男性ホルモンがハゲに関係しているということがわかります。

薄毛の原因は男性ホルモンが直接影響しているのではなく、毛根付近から分泌される5αリダクターゼという酵素と結びついて発毛の邪魔をするDHTが増えてしまうこと。
男性ホルモンが過多でDHTの生産が増えてしまうと考えるならば、性欲が強いスケベはハゲが多いという結論に至るのです。

また、性欲は強いけど栄養が足りてない人が絶え間なく射精をすれば、栄養がかなり消費されハゲにつながる可能性はなきにしもあらず。しかしこれは極論ですし、射精をすることが直接ハゲの原因になるわけではありません。
ストレスをためないためにも、性欲をある程度発散しましょうね。

薄毛の男性はモテる!?ハゲの魅力

ここまでハゲの原因を追究してきましたが、そもそもハゲている男性はモテないのか?というと、そんなことはありません。
髪の毛が薄くてもステキな男性はモテるのです!
色気や男らしさを感じる、清潔感がある、髪がないことで際立つオシャレがある、など、薄毛の男性に魅力を感じる理由はさまざま。
最近では「ハゲメン」(ハゲている男性)なる言葉も登場し、ハゲているほうがかっこいいという風潮もあるのだとか。

まゆゆは自分が臆病だから、グイグイ引っ張ってくれる人に弱くて///。なので髪の毛が薄くても男らしい人を見るとドキドキしちゃうんです。例えば市川海老蔵さんとか、渡辺謙さんみたいに渋くて…ちょっと肉食系ぽいヒト?そういえばこのふたり、どちらも髪の毛が薄いけど、全然気になりませんよね。
ハゲていても、ステキな人はステキ!
それがまゆゆの意見ですッ!
清潔感があって、自分に似合うおしゃれがわかっていれば、若ハゲだって十分モテ男になれるはずですょ。

まゆゆからヒトコト

いかがでしたか?このページを読んで、男性の薄毛について、色んな原因があることをわかっていただけたのではないかと思います。ぜひ今後のAGA治療に役立ててください。そしてあなたが自信と笑顔を取り戻してくれたら、まゆゆも嬉しいです★

TOPにもどる